アナリストが株価の割安・割高を判断するとき、実際にどのようにバリュエーション指標を使っているのかを説明します。