外資系投資銀行の給与の実態

高給取りで有名な外資系投資銀行の給与水準について、経験とヒアリング、財務データに基づいてまとめます。自分自身が外資系投資銀行に新卒で入社しているので、かなり実態に近い数字になっていると思います。

就職先としての外資系投資銀行の人気はかつてと比べると衰えてきています。かわりに商社や国内金融などの安定した企業への人気が高まっている気がします。給与水準はリーマンショック前と比べると下がってきている一方で、リストラ等の不安定さは変わらないのでそれもしょうがないのかもしれません。

しかし依然として外資系投資銀行の給与は日系企業と比べると高く、入社1年目から年収1千万を超える人は多く、入社10年もすれば東証一部上場企業の社長以上の給料を貰えるようになります。

目次

・外資系投資銀行の給与体系(一般論)
・日本における外資系投資銀行の給与水準(ベースサラリー)
・日本における外資系投資銀行の給与水準(ボーナス)
・部門による給与水準と労働時間の違い
・ゴールドマンサックスの平均給与の推移
・日本における外資系投資銀行の平均給与

「外資系投資銀行の給与の実態」の続きを読む…