弁護士ドットコム

株式投資 企業分析

超高PER企業「弁護士ドットコム」の成長余地と投資判断を考える

前回の記事では弁護士ドットコムのような超高PER銘柄の投資判断を考える方法として、「DCF法で理論株価を求める方法」と「市場が期待する将来のEPSを逆算する方法」の2つを紹介しました。当記事では後者の「市場が期待するEPSを逆算して割高か割安かを判断する方法」を用いて、弁護士ドットコムの成長余地を考察しながら投資判断を考えてみようと思います。

© 2020 上原の株式投資アカデミー Powered by AFFINGER5