アンジェス(4563)の過去の増資発表と株価反応のまとめ




ウルフ村田さんが買い煽りをしていたアンジェス(4563)ですが、今日の引け後に第三者割当てによる新株予約権の発行を発表しました。

ウルフ村田さんは株価下落したら押し目買いを勧めているようですが、過去の増資発表は株価にどのような影響を与えたのでしょうか?

過去の増資発表と株価へのインパクトをまとめました。

アンジェスのこれまでの資金調達(発表ベース)と株価インパクト

下の表は、過去にアンジェスが発表した資金調達のリリースと調達額、希薄化率、翌日の株価の反応をまとめたものです。

発表日 調達額 希薄化率 翌日の株価
18/9/25 95億 17.6%
17/8/28 81億 15.3% ▲12.1%
16/12/19 20億 12.7% +0.8%
16/8/5 24億 12.2% ▲3.2%
16/3/25 28億 11.4% ▲6.1%
14/7/22 61億 なし ▲15.5%
14/3/26 4.9億 3.6% +4.2%
13/10/1 41億 16.0% +0.6%
13/2/22 4.0億 4.0% +4.3%
12/5/21 2.0億 4.8% +17.8%
11/1/24 3.0億 2.2% +7.5%
注釈:

  • 14/7/22:既存株主に対する新株予約権の無償割当て(ライツ・オファリング)
  • 14/3/26、13/2/22、12/5/21、11/1/24:第三者割当による新株式の発行
  • 上記以外の資金調達は全て第三者割当てによる新株予約権の発行によるもの

アンジェスの株価と資金調達発表タイミングのグラフ

以下はアンジェスの株価と資金調達発表のタイミングのグラフです。

ウルフ村田さんは今回の増資を押し目として引き続き買いを推奨しています。

たしかに2016年3月に発表された増資では翌日の株価は下落しましたが、その後株価は4月19日のピークまで倍増しています。

しかし、上のグラフのように過去の資金調達と株価の関係を見ると、増資の発表が押し目買いの好機になるかどうかは五分五分といった感じでしょうか。

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください