評価が低いときに買って、評価が高いときに売る

これは中期的な視点の投資手法です(1~2年ぐらい)。

中期で投資をするなら、株価上昇中の人気銘柄の勢いに乗ろうとするよりも、市場で注目されていない評価の低い銘柄に投資をした方が稼ぎやすいと思っています。

赤字事業を抱えていたり、競合に比べて収益性が劣る市場での評価の低い企業の利益が出るようになった時、株価は大きく上昇します。

しかし、評価の低い企業を買いにいくのは勇気が必要です。

そこで、評価の低い企業の株を買う時のポイントをまとめてみました。
「評価が低いときに買って、評価が高いときに売る」の続きを読む…

企業価値とは何か?バリュエーションとは何か?

金融の世界では「企業価値」という言葉が頻繁に使われます。

企業価値を意識している企業の経営者も多く、経営説明会などに行くと「企業価値を高めるために~」という言葉をよく聞きます。

「企業価値」とはいったい何を意味するのでしょうか?

企業のブランド力や顧客との取引関係、保有している資産など、企業価値というといろいろなものを思い浮かべるかもしれません。

様々なものが企業価値の源泉となりますが、今回はファイナンスの世界における企業価値の意味と、その算定方法を解説します。
「企業価値とは何か?バリュエーションとは何か?」の続きを読む…