PERの基礎と本質:「PERが低い=割安」と勘違いしてませんか?




当記事では、株式投資をやる上で必ず知っておかないといけないPER(株価収益率)の基礎知識を解説します。

  • そもそもPERの計算式が分からない
  • PERを実際の投資にどうやって活用するのか分からない

そんな人はぜひこの記事を読んでみてください。

PERの計算式などの基礎知識、PERが持つ本質的な意味、業界や会社によってPERの水準が異なる理由、などについて解説します。

PERとは?まずは計算式を再確認する

PERとは、企業の株価が割高なのか割安なのかを判断する時に使われるバリュエーション指標です。PERは「Price to Earnings Ratio」の略で、日本語では「株価収益率」と訳されます。

計算方法がとてもシンプルなので、個人投資家・機関投資家問わず、最もよく使われている指標だと思います。

PERの計算式は以下の通りです。

PER = 株価÷EPS(1株当たり当期純利益)= 時価総額÷当期純利益

Price to earningsという名前の通り、PERは株価(Price)が利益(Earnings)の何倍かを表しています。

PERの具体例:実際にPERを計算してみる

EPSがともに100円の企業AとBがあるとします。

企業Aの株価が1,000円で、企業Bの株価が2,000円で取引されているとすると、2社のPERは以下のように計算できます。

  • 企業AのPER=株価1,000円÷EPS 100円=10倍
  • 企業BのPER=株価2,000円÷EPS 100円=20倍

PERと利益、時価総額の関係を図で表すと以下のようになります。

図:純利益と時価総額とPERの関係

PERでよくある誤解:企業Aと企業Bのどちらが割高なのか?

PER 10倍の企業AとPER 20倍の企業B。

どちらの株価のほうが割高だと思いますか?
 

もし「企業Bのほうが割高だ」と考えたとしたら、あなたはPERに対して間違った知識を持ってしまっています。

「PERが高い企業ほど割高だ」とよく言われますが、実際には企業によって適正なPERの水準は異なるので、PER 10倍とPER 20倍という数値を単純比較することはできません。

例えば、目の前でユニクロのコートが10万円で、エルメスのコートが20万円で売られていたとしたら、どちらが割高だと思いますか?

先ほどの企業Aと企業Bの例で「企業Bのほうが割高だ」と判断するのは、10万円のユニクロのコートと20万円のエルメスのコートを単純比較して「エルメスのコートの方が割高だ」と言っているようなものです。

売られている商品の品質やブランド力を考えれば、「エルメスのコートで20万円ならお得な買い物だな」とか「ユニクロのコートに10万円なんて高すぎて出せない」という答えが出てくるはずです。
 

身近な商品を例に出してみるととても分かりやすいのですが、PERはなぜか「高いほど割高」、「低いほど割安」という間違った固定観念が広まっているような気がします。たまに「PERが15倍以下の会社は割安」という表現を見ることもありますが、15倍という単純な数字で割安か割高かを判断することはできません。

PERの水準はその会社に対する市場からの評価によって決まるので、いわば「株価の値段」のようなものです。会社の中身もクオリティもぜんぜん違うのに、単純に値段(PER)だけを比較して割高か割安かを判断することはできません。
 

最初の話題に戻りますが、「PER 10倍の企業AとPER 20倍の企業Bではどちらが割高か?」という問いに対しては、今の時点では「企業Bの方が企業Aよりも市場で高く評価されている(高い値段がついている)」という判断しかできません。

適正なPERの水準というのは会社や業界によってバラバラです。PERが市場平均よりも高くても割安だと判断される企業もあれば、逆にPERが10倍以下であっても割高で買えないというケースもあります。

市場が企業Bに対してPER 20倍という評価をしているのであれば、それはその値段が企業Bにとっての適正水準であり、そこには割高も割安もありません。
 

PERの本質:PERの水準は2つの要因に影響される

なぜ、会社によってPERの水準が変わってくるのでしょうか?

PERは「株価が利益の何倍で取引されているか」を表す指標ですが、PERには「投資の回収期間」という意味があります。これが理解できると、企業や業界によってPERの水準が違う理由がすっきり分かると思います。
 

株価1,000円、EPS100円の企業Aを例に考えてみましょう。

企業AのPER=株価1,000円÷EPS 100円=10倍

企業AのPERが10倍であるということは「企業Aに投資した金額(1,000円)を10年かけて利益(100円)で回収する」という意味になります。

ここでのポイントは、投資回収期間10年というのは「利益がこれから10年間ずっと横ばいだった場合」の話であるということです。

もし、利益が毎年10%ずつ増えていくのであれば、当然ですが投資金額の回収期間も早まります。逆に利益が毎年減っていくのであれば、投資の回収期間は10年よりも長くかかってしまうでしょう。

つまり、利益成長率の高い企業ほど実際の投資回収期間はPERよりも短くなり、利益成長率がマイナスの企業は実際の投資回収期間がPERよりも長くなります。

最初の企業Aと企業Bの例に戻ってみましょう。

  • 企業AのPER=株価1,000円÷EPS 100円=10倍
  • 企業BのPER=株価2,000円÷EPS 100円=20倍

投資回収期間は企業の利益成長率によって変わるので、「PER 20倍の企業BはPER 10倍の企業Aよりも割高だ」という単純比較はできません。

この場合、「企業Bの方が割高」なのではなく「企業Bは企業Aよりも今後の利益成長率が高くて、実際の投資回収期間は20年よりも短くなることが市場で期待されている」というのが正しい解釈の仕方です。

つまり、今後の利益成長率が高いと期待されている企業ほど、高いPERの水準で株が取引されることになります。

PERが高くて見た目上の投資回収期間が長かったとしても、利益が成長するのであれば実際には短い期間で投資金額を回収できるので、高いPERであっても買いたいという人が市場から出てくるんです。
 

もう一つ、PERの水準に影響を与える要因があります。それは「リスクの大きさ」です。

投資家は、リスクの高い資産に対しては高いリターンを要求し、リスクの低い資産であれば低いリターンでも十分だと考える特性があります。

ここで言うリスクとは、利益の変動のことを指します。

例えば、毎年10%ずつ安定して利益が伸びる会社Aは、2年後には約1.2倍の利益になります。一方で1年目に利益が20%減って2年目に利益が50%増える会社Bも、2年後の利益は同じく1.2倍です。

この2社が3年目に到達する利益の水準はほぼ同じですが、安定して利益が伸びる会社Aの方が利益の変動が大きい会社Bよりも、リスクが低い投資先となります。なので、投資家が企業Aと企業Bへの投資を考える場合、リスクの大きい企業Bにより高いリターンを求めることになります。

投資のリターンが高いということは、短い期間で投資金額を回収するということです。つまり、PERが低くなります。

投資家がリスクの低い企業Aに5%のリターンを求めて、リスクの高い企業Bには10%のリターンを求めた場合、企業AのPERは20倍(1÷5%=投資回収期間20年)、企業BのPERは10倍(1÷10%=投資回収期間10年)となります。

企業Aと企業Bでは2年間の利益成長率はほぼ同じですが、リスクの低い企業Aの方がリスクの高い企業Bよりも高いPERで株が取引されることになります。

このように、PERの水準は(1)企業の利益成長に対する期待と(2)リスク、という2つの要素によって決定されます。
 

PERの基礎と本質のまとめ

当記事では、株式投資をやる上で知っておくべきPERの基礎知識を解説してきました。基礎的な内容ではありますが、PERについて間違った認識を持っている人にとっては新しい気付きもあったんじゃないでしょうか。

最後に、当記事で解説したPERの基礎と本質についてまとめておきます。

PERの基礎まとめ

  • PERの計算式:PER = 株価÷EPS(1株当たり当期純利益)= 時価総額÷当期純利益
  • 「PERが高い企業=割高」という解釈は間違い。「PERが高い企業=市場からの評価が高い企業」というのが正しい解釈
  • PERには投資回収期間という意味がある→「PERが10倍=投資回収期間10年=株式投資から得られる年間リターン10%」
  • PERの水準は「(1)企業の利益成長に対する期待」と「(2)リスク」、という2つの要素によって決定される
  • 今後の利益成長率が高いと期待される企業は、実際の投資回収期間がPERよりも短くなる→高いPERでも買いたいという人が集まる
  • 利益が安定しないリスクが高い企業ほど、投資家は高いリターンを求める→短い投資回収期間を求めるのでPERは低くなる
  • つまり、成長率が高くて、リスクが低い(と市場が期待する)企業ほど、PERは高くなる

 

PERの使い方を徹底解説した「バリュエーション講座」の目次

PERの基礎と本質:「PERが低い=割安」と勘違いしてませんか?

PERを使って割安株を探す方法を具体的に解説します

PERで投資判断を決める時に注意すべきこと

PERのケーススタディ:なぜあの業界のPERは高いのか?

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください