第2回!日本株ファンダコンペを開催します

こんにちは、上原です。

マクロ環境の見通しが不透明な中、荒れた相場が続いていますね。

こんな時こそ相場に一喜一憂せずに個別企業と向き合いましょうということで、昨年12月に開催された日本株ファンダコンペの第2回を開催したいと思います!

第1回開催者のmaster_kさんからバトンを受け取り、第2回は私が主催者をやらせて頂きます。

そして今回はバフェット・コードさんにスポンサーとして加わって頂いたので、なんと、賞金額が前回から大幅にアップしています!

賞金をもらえる人数も増えていますので、皆さんぜひ奮ってご参加ください。

日本株ファンダコンペは以下のような流れで行います。

日本株ファンダコンペの流れ
  1. #日本株ファンダコンペのハッシュタグで自分のおすすめ銘柄をTwitterに投稿
  2. 投稿を見た人は気になった投資アイデアにいいねを押す
  3. いいね数の上位3名バフェット・コード賞、審査員賞の受賞者が賞金をゲット!
  4. 投稿された投資アイデアは一覧で見れるようにまとめます

今回はいいね数による順位だけでなく、バフェット・コード賞と審査員賞も新たに加わりました。バフェット・コードさんと審査員がそれぞれ面白いと思った投資アイデアを選び、ここで選ばれた方も賞金ゲットです。

Twitterをやっている人であれば誰でも参加可能です。

ぜひ、皆さんのとっておきの投資アイデアを投稿してもらえたら嬉しいです。投稿できない方も、皆のアイデアを見て一緒に銘柄議論で盛り上がりましょう。

日本株ファンダコンペの詳細な開催概要を以下でまとめていますので、参加希望の方はぜひお読みください。


日本株ファンダコンペへの参加方法

日本株ファンダコンペの趣旨は「ファンダメンタル分析に基づいたおすすめ銘柄をみんなで探そう」というものです。

参加方法はシンプルで、「#日本株ファンダコンペ」のハッシュタグでTwitterにおすすめ銘柄を投稿するだけです。投稿する際には以下の情報を必ず含めてください。

バフェット・コードというのは登録なしで使える無料の企業分析ツールです。企業の財務情報や株価チャートなどがまとまっているとても便利な分析ツールですので、どんな銘柄なのか一目で分かるようにバフェット・コードへのリンクをご記入お願い致します。

とても便利なツールですので、これを機会にぜひ一度使ってみてください。

バフェット・コードのサイトはこちら

日本株ファンダコンペの投稿ルールは以下の通りです。ルールが守られていない場合は無効となりますので、ご注意ください。

日本株ファンダコンペの投稿ルール
  • 日本株のみ(ETFはなし)
  • 1人1銘柄
  • 画像やチャートの添付はOK
  • 1ツイートに収まらない場合はスレッドにして追加情報をツイート
  • いいね数は1ツイート目のみを計測
  • ブログ記事やnoteの投稿もあり

開催期間は以下の通りです。

日本株ファンダコンペの開催期間
  • 銘柄の投稿期間:本日から5月6日(水)まで
  • いいねの計測期間:5月9日(土)まで
  • 結果発表:5月10日(日)

5/6をもって第2回日本株ファンダコンペの応募を締め切りました!

投稿された投資アイデアはこちらの記事ですべて見ることができます。この投資アイデアを見るだけでも勉強になりますしとても面白いので、ぜひ皆さん見てみてください。気になったアイデアはいいね&RTで応援もよろしくお願いします。

ご参考までに、前回の日本株ファンダコンペの開催概要と結果は以下をご覧ください。

第1回日本株ファンダコンペの概要と途中経過

第1回の最終結果

日本株ファンダコンペの順位決定方法と賞金

日本株ファンダコンペの順位はアイデア投稿ツイートのいいね数によって決まります。

そして、いいね数で1位~3位の方には以下の賞金を差し上げます。

いいね数の賞金

1位 3万円
2位 1万円
3位 5千円

さらに、今回の日本株ファンダコンペにはバフェット・コード賞と審査員賞もあります。バフェット・コードさんと審査員が面白いと思った投資アイデアを選びますので、選ばれた方には以下の賞金を差し上げます。

バフェット・コード賞・審査員賞の賞金

バフェット・コード賞 1万5千円
審査員賞 1万5千円

なお、賞金はバフェット・コードさんに5万円、前回主催者のmaster_kさんに5千円を協賛して頂きました。ご協力頂きまして本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。

アイデア投稿だけで賞金ゲットのチャンスが誰にでもありますので、ぜひ皆さん奮ってご参加ください。そして集まった銘柄を見ながら、みんなで議論して盛り上がりましょう。

豪華審査員のご紹介

今回の日本株ファンダコンペでは、かなり豪華な審査員の方々にお集まりいただきました。

Twitter IDのアルファベット順にご紹介させて頂きます。

アベルさん

DAIBOUCHOUさん

ECONOPUNKさん

そして最後に私、上原も審査員の末席として参加させて頂きます。投資家として成功されている皆様がどんな視点でアイデアを選ぶのか、とても楽しみです。

また、バフェット・コード賞に関してはバフェット・コードさんに1アイデア選んで頂きます。バフェット・コードさんの審査基準については以下のツイートをご覧ください。

バフェット・コードとは?

最後に、簡単にバフェット・コードについて説明させて頂きます。

先ほども簡単に説明しましたが、バフェット・コードは「登録なし・無料」で使える企業分析ツールです。

企業の財務情報や株価チャートがまとまっており、このサイト1つであらゆる企業分析ができてしまう、とても素晴らしいツールです。

バフェット・コードのサイトはこちら

こんな感じで企業の業績トレンドやバリュエーションをざっくり把握したり、

ヒストリカルバリュエーションのチャートを見たり、

企業の大株主がどう変化してきたかまで見れちゃいます。

また、スクリーニング機能もとても充実していて、様々な条件で自分好みの企業を探すことができます。

もはや株式投資家では知らない人はいないというレベルまで有名になったツールですが、まだ使いこなせていない人も多いと思うので、これを機にぜひ今回使ってみてください。

ちょっと古い記事ですが、バフェット・コードの基本的な使い方は前に記事にまとめたので、こちらもご参照ください。

最強の企業分析ツール「バフェット・コード」の基本的な使い方

また、当ブログでバフェット・コードのデータを使ってExcelで財務分析できるツールを無料公開しています。こちらもけっこう便利だと思います。

EXCEL財務分析ツールを無料公開【誰でも簡単、3分で財務分析】