長期投資のバイブル『ジム・クレイマーのローリスク株式必勝講座』


ジム・クレイマーの“ローリスク”株式必勝講座

【本の概要と感想】

ジム・クレイマーは元ヘッジファンドマネージャーで、現在はアメリカで人気の投資番組「マッドマネー」の司会を務める人です。

表紙の絵とタイトルだけを見ると、なんとなく中身がない本のように見えます。

しかし実際には、長期投資の初心者~中級者ぐらいの方が投資の基本を学ぶのに必読の書だと感じました。
「長期投資のバイブル『ジム・クレイマーのローリスク株式必勝講座』」の続きを読む…

マクロ・業界見通しを判断するのに役立つ企業のコンファレンスコール一覧

投資先を選ぶのにマクロ経済や業界の見通しを考えるのは重要です。しかし、経済の予測というのは難しいもので、プロのエコノミストですら予想をしょっちゅう外します。

時間と情報が限られている中で、自分なりの経済見通しを立てるのに役立つのが企業のコンファレンスコールです。
「マクロ・業界見通しを判断するのに役立つ企業のコンファレンスコール一覧」の続きを読む…

『勝てるROE投資術』を読んで、改めてROEを考える


勝てるROE投資術

【本の感想】

本書は、(1)ROEとPBRの関係性について言及している数少ない投資本であること、(2)ROEに関するデータ量が豊富であること、(3)JPX日経400の新規採用銘柄を予測する投資アイデア、の3点が非常に役に立ちました。
「『勝てるROE投資術』を読んで、改めてROEを考える」の続きを読む…

「米国式投資の技法」から学んだプロ投資家の考え方


MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

【本の概要】

有名な投資ブログ「Market Hack」の管理人が書いた投資本です。「米国式投資」というタイトルですが、米国株を投資対象としているわけではなく、国内外全ての株式投資に役立つ投資法です。

長期投資の基本的な考え方、デイトレードの戦略について学ぶことができます。

書かれている内容は特別なものではなく、プロの投資家にとっては当たり前のように意識されているものが多いです。しかし、この「当たり前のこと」を知らなかったために、大損をしてしまった個人投資家も多いと思います。

株式投資の基本的な考え方、大損をしないためのポートフォリオ構築を基礎から学べます。

Amazonの内容紹介

徹底的にロジカルな投資手法に学べ!成功する投資を行うため投資家が守るべき「鉄の掟」、ポスト団塊ジュニア層が投資を始める際、心にとめておくべきこと(NISA攻略法)、デイトレーダーになりたい人はどうやって始めればよいか、長期投資のコツ(ウィリアム・オニールの投資法、ETFの活用法など)、2014年の投資機会、などについて説明。

「「米国式投資の技法」から学んだプロ投資家の考え方」の続きを読む…

長期投資の王道は『千年投資の公理』でまず学ぶべき


『千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う』パット・ドーシー著

【本の概要】

好調な業績を長期にわたって維持できるような「経済的な掘」を持つ企業を長期で保有することが本書のテーマです。企業に経済的な堀があり、かつ株式市場がその堀を過小評価している場合、そこに長期投資の機会が生まれます。

経済的な堀とは、「ライバル会社から企業を守り、長期的な収益を獲得することで、投資家にとっての企業価値を高める」ものです。

別の分かりやすい言葉で言い換えるならば、「企業が長期的に超過利潤を得るための競争優位性」となるでしょうか。「長期的な」というのが肝でして、一見すると競争優位性に見えるものでも、他社が簡単にまねできるものでは経済的な堀と言うことはできません。

具体的に本書では、①無形資産、②コスト競争力、③高い乗り換えコスト、④ネットワーク効果、の4つの堀について詳しく解説しています。

本のタイトルはやや怪しいですが、バフェット流長期投資の王道と言える本になります。
「長期投資の王道は『千年投資の公理』でまず学ぶべき」の続きを読む…