株式投資の考え方や稼ぎ方についてまとめています。バリュエーション理論や投資手法などの考察が多いです。

過去10年間で最も時価総額が増えた企業を調べてみた

過去10年間(2004年末~2014年末)で時価総額が上昇した企業を調べてみました。 なぜこんなことを調べてみたのかというと、 「過去にどんな企業の株価が大きく上昇したのかを学び、今後の株式投資に活かすため」 です。 過去の事例を、株価が急騰する企業を探す参考にしたいです。 2004年から2014年の株価上昇ランキング 実際の株価上昇ランキングがこちらです。 時価

続きを読む

相対評価としてのバリュエーション指標

これまでにバリュエーション指標の基本的な考え方と、計算するときの注意点(将来予想をベースにする)について説明してきました。 今回は、バリュエーション指標の使い方と「相対評価」という視点を紹介します。 バリュエーション指標はあくまでも相対的な比較で評価する 株価の評価には相対評価と絶対評価がありますが、PERやPBRなどのバリュエーション指標は主に相対評価のために使います。

続きを読む

証券アナリストが教えるバリュエーション講座

バリュエーションとは、企業価値、あるいは適正な株価を求めることです。 適正な株価というのは1つしか存在せず、神のみぞ知る世界です。 しかし、それを導く過程にはいろいろな手法があります。 株式投資の業界では「バリュエーションはArtだ」とよく言われます。 いろいろな手法があるため、同じ利益予想でもバリュエーションの手法によって最終的に得られる適正株価が異なることはよくあるから

続きを読む

バリュエーションは将来予想をベースに計算してこそ意味がある

前回の記事ではバリュエーション指標の基礎として、PERやPBRの意味と簡単な使い方について紹介しました。 今回は、PER等を計算するときの注意事項として、「将来予想をベースに計算する」ということについて解説します。 過去の業績は全て株価に織り込まれており、PERに高いも低いもない 過去に起こった出来事というのは、基本的に全て株価に織り込まれています。 ということは、過去

続きを読む

バリュエーション指標の使い方:基礎中の基礎編

株価が割安か割高を測るための指標として、アナリストはPBRやPERといったバリュエーション指標を使います。 バリュエーション指標にはいろいろな種類がありますが、それぞれの定義や簡単な使い方を基礎編としてご紹介します。 主なバリュエーション指標の定義と意味 指標として使われる頻度の多い順に定義と意味を説明します。 PER(株価収益率) =時価総額÷当期純利益=株価÷1株

続きを読む