登録無し・無料でアナリストレポートが読めるサイト一覧

前回の記事ではアナリストレポートを無料で読める証券会社の一覧をまとめました。

当記事では、登録も必要なく無料でアナリストレポートを読むことができるサイトをまとめました。

大型株について調査したレポートは少ないですが、中小型株や市場動向を調べる時に、当記事で紹介しているアナリストレポートが役に立つと思います。


中小型株を中心にアナリストレポートを無料で読めるサービス

まずは中小型株を中心にアナリストレポートを無料で読めるサービスをいくつか紹介します。

ここで紹介するアナリストレポートでは投資判断や目標株価は設定されていないので、企業の現状を理解するのに役立ちます。

フィスコの企業調査レポート

URL① 最新レポートから表示:http://www.fisco.co.jp/service/report.html
URL② 企業名・銘柄コードで検索:https://www.fisco-ir.co.jp/service/report/index.html
更新頻度 1日3~4本
特徴 中小型株が中心。ベーシックレポートのコンテンツ量は豊富。業績予想や目標株価はなし。

フィスコは投資家向けに情報を発信したり、企業向けにIRコンサルティングをやっている会社です。中小型株を中心に豊富なアナリストレポートを読むことができます。

おそらく企業から依頼を受けてアナリストレポートを書いていて、業績動向やビジネス概要、経営計画など、1社1社かなり丁寧にレポートが書かれています。

シェアードリサーチ

URL https://sharedresearch.jp/ja#reports
更新頻度 1日2~3本
特徴 中小型株が中心。ベーシックレポートのコンテンツ量は豊富。業績予想や目標株価はなし。無料で見れるレポートは最新2~3ヶ月分のみ。

シェアードリサーチのレポートのクオリティはフィスコと同じぐらい丁寧で、直近の動向、事業概要、SWOT分析、競合他社やバリューチェーンの分析など、かなり多岐にわたった情報が書かれています。

会社概要のページにレポートを執筆しているアナリストの一覧が掲載されていますが、もともと第一線で活躍していたアナリストが多く、レポートのクオリティは高いです。

無料で見れるレポートには制限があるようで、最近2~3ヶ月分のレポートしか見ることができません。

証券リサーチセンター(ホリスティック企業レポート)

URL http://holistic-r.org/report/
更新頻度 週1~2本
特徴 中小型株が中心。ベーシックレポートのコンテンツ量は豊富。業績予想あり。目標株価はなし。

証券リサーチセンターはフィスコやシェアードリサーチと同様に中小型株中心にアナリストレポートを配信している会社ですが、証券リサーチセンターの特徴は独自の業績予想まで作成されている点です(投資判断や目標株価の設定はなし)。

また、新規上場会社を紹介するレポートも情報量が豊富です。

ただしカバーしている企業数はあまり多くなくて、レポートの更新頻度は週1~2本程度です。

ブリッジレポート

URL https://www.bridge-salon.jp/report_bridge/
更新頻度 1~2本
特徴 中小型株が中心。業績予想や目標株価はなし。決算説明会の動画配信やIR説明会の開催も行う。

ブリッヂレポートでは、注目企業のビジネスモデル、特徴や強み、今後の成長戦略、足元の業績動向などが個人投資家向けに分かりやすく書かれています。

ブリッジレポートを配信しているブリッジサロンは、投資に役立つ情報を配信しているIR・投資情報サイトです。アナリストレポートの配信以外にも、決算説明会の動画配信、企業の個人投資家向けIR説明会の開催、登録した企業の適時開示情報のメール配信、なども行っています。

複数の会社のレポート更新情報をまとめて見れるサイト

続いて、複数のレポート配信会社の更新情報をまとめて見れるサイトを紹介します。

上で紹介したレポート配信会社のうち、証券リサーチセンターとブリッジレポートは以下で紹介するサイトでも更新情報を見ることができます。

IFISのアナリストレポート

URL https://column.ifis.co.jp/category/company
特徴 レポート配信会社10社の更新情報をまとめて見ることができる

IFISでは以下の10社のレポート更新情報をまとめてみることができます。

1つのサイトから見れるレポート配信会社の数はIFISが最も多いと思います。

日本取引所グループのアナリストレポート一覧ページ

URL https://www.jpx.co.jp/listing/ir-clips/analyst-report/index.html
特徴 複数のアナリストレポート配信サイトの更新情報がまとまってる。

日本取引所グループ自身がアナリストレポートを作成しているわけではありませんが、いろいろなアナリストレポート配信会社のレポート更新情報がまとめて掲載されています。

証券リサーチセンター(上でも紹介済み)、Quickの企業価値研究所、IFIS Analyst Netなどのレポート更新情報を見ることができます。

このページで掲載されるレポート更新情報は上で紹介しているIFISでも見ることができるので、IFISだけブックマークしておけば十分だと思います。

目標株価・投資判断まで無料で見れるアナリストレポート

ここまで紹介してきたアナリストレポートは、企業の業績動向やビジネスモデルなど「企業の現在の情報」に焦点が当てられたものが中心でした。

ここからは、業績予想や目標株価など「将来予測」についても書かれたアナリストレポートを配信しているサイトを紹介していきます。

モーニングスター

URL https://www.morningstar.co.jp/stock/er_report/index.html
更新頻度 週1本程度
特徴 中小型株が中心。レポートの情報量は少なめだが、重要なポイントはおさえられている。投資判断と想定株価レンジ(目標株価)の設定あり。

モーニングスターは投資家向けの総合情報サイトですが、中小型株を中心にアナリストがレポートを書いています。

カバーしている企業数は少ないので更新頻度も週1本程度ですが、他のサービスとは異なり業績予想と3段階の投資判断(強気・弱気・中立)もレポート内に書かれています。

レポートの情報量は少なめですが重要なポイントはおさえられています。投資判断の根拠となる想定株価レンジ(目標株価)も設定されているので、企業の株価やバリュエーションを考えるヒントも得られると思います。

ARIアナリストレポート(エース経済研究所)

URL http://www.ace-sec.co.jp/daily/ari_report_back.html
更新頻度 1日1~2本
特徴 中小型株が中心。決算説明会や取材のフィードバックが書かれたレポートが多くて、ベーシックレポートは少なめ。投資判断と目標株価の設定あり。ホームページには直近2~3ヶ月分のレポートのみが掲載

エース証券が配信しているアナリストレポートでは決算説明会や取材のフィードバックが中心となっており、投資判断や目標株価の設定があります。

企業の基本的な情報(ビジネスモデルや特徴など)を説明したベーシックレポートは少ないですが、企業の直近の動向を知るのには役立ちます。

岡三にいがた証券

URL https://www.okasan-niigata.co.jp/marketnews/
更新頻度 2~3日に1本
特徴 新潟県関連の企業に特化したアナリストレポートを配信。投資判断と目標株価の設定あり。

岡三にいがた証券は新潟県に本店がある証券会社で、岡三証券グループの傘下にあります。

新潟県と関連した企業のアナリストレポートが配信されており、投資判断と目標株価の設定もあります。

経済動向や市場見通しが分かるアナリストレポート

ソニーフィナンシャルの金融市場調査部発マーケット情報

URL https://www.sonyfh.co.jp/ja/financial_info/market_report/
特徴 経済動向や為替動向のレポートを配信。とにかく分かりやすい。

ソニーフィナンシャルホールディングスでは経済動向や為替動向について書かれたアナリストレポートが一般公開されていますが、とにかく分かりやすいのが特徴です。

以下でアセマネ各社の市場見通しのレポートも紹介してますが、すべてに目を通す時間がない方も、とりあえずソニーフィナンシャルのレポートだけは読むことをオススメします。

毎月のレポートを読むだけでも、世界経済が今どのように動いているのかを把握する事ができます。

アセマネ会社のマーケットレポートがまとめて見れるフィデリティ証券

URL https://www.fidelity.jp/market-info/market-report/?p=0&c=10
特徴 主要なアセマネ会社のマーケットレポート更新情報がまとめて見れる

フィデリティ証券は世界的な運用会社であるフィデリティの子会社で、個人投資家向けに投資信託を販売してる会社です。フィデリティ以外の資産運用会社の投資信託も販売しており、マーケットレポートのページでは主な資産運用会社のレポート更新情報を見ることができます。

例えば以下の会社のレポート更新情報が掲載されています。

フィデリティ証券でレポートが見れる会社の例

ピクテ投信
インベスコ・アセット・マネジメント
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント
HSBC投信
JPモルガン・アセット・マネジメント
ドイチェ・アセット・マネジメント
野村アセットマネジメント
大和投資信託
三井住友DSアセットマネジメント
岡三アセットマネジメント
ニッセイアセットマネジメント
アセットマネジメントOne
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
三菱UFJ国際投信

個人向けに投資信託を販売している資産運用会社では、ホームページで経済見通しや市場見通しについて書かれたアナリストレポートを公開していることが多いです。各社のホームページでもレポートは公開されていますが、フィデリティ証券のページでまとめて見れるので、ブックマークしておくと便利です。

その他の運用会社

フィデリティ証券のページに更新情報は掲載されていませんが、以下の運用会社のレポートもおすすめです。個人投資家にはあまり知られていない会社ですが、どれも世界的に有名な資産運用会社です。

アナリストレポート(番外編)

ここからは、上では紹介しきれなかったアナリストレポート配信会社を紹介してきます。

楽天証券の投資メディア「トウシル」

URL https://media.rakuten-sec.net/
特徴 楽天証券のアナリストやストラテジストによる市場動向・業界動向レポートが読める

トウシルは楽天証券が運営してる投資メディアで、アナリストレポートの配信というよりは「投資に役立つ情報全般」がまとまっているサイトです。

ですが、一部ではアナリストレポートに近い情報も配信されています。

例えば、トウシルの著者一覧のページで「株式」を選択すると、楽天証券のアナリストやストラテジストの一覧が表示されて、業界動向や市場見通しのレポートを読むことができます。

また、トウシルページ内のの右上のメニューの中から「国内株式」や「海外株式」をクリックすると、そこからも業界動向や市場見通しのレポートを読むことができます。

中小型株を中心に個別銘柄のアナリストレポートはいろんなところから配信されているんですが、「業界動向レポート」が無料で配信されているのは楽天証券ぐらいだと思います。

こちらの記事で紹介している証券会社でも、口座開設すれば業界動向のレポートを読むことができます

みんなの運用会議(株式会社リンクスリサーチ)

URL https://double-growth.com/report-list/
更新頻度 不定期(時期によってバラツキあり)
特徴 成長株を中心に独自視点からの分析レポートを配信。

株式会社リンクスリサーチは投資家向けのスクールを運営している会社で、メンバーには元ファンドマネージャーとしても有名な山本潤さんもいます。

リンクスリサーチが運営している「みんなの運用会議」というブログでは、投資に役立つ情報や成長株を中心に企業分析レポートが配信されています。更新頻度はあまり高くありませんが、企業分析の視点が他のレポート配信会社とは違っていて、新しい学びを得られます。

ログミーファイナンス

URL https://finance.logmi.jp/
特徴 決算説明会の書き起こしが読める

ログミーファイナンスとは、通常であれば証券会社や機関投資家しか参加できなかった決算説明会の情報を、全文書き起こして掲載しているサービスです。

最近では決算説明会の動画や書き起こしをホームページにアップしてくれる会社も増えてきましたが、ログミーファイナンスのようなサービスが広がれば機関投資家と個人投資家の情報格差がもっと縮まると思います。

経済レポート.com

URL http://www3.keizaireport.com/
特徴 経済レポート専門のニュースサイト

最後に紹介するのは経済レポート.comというサイトです。

このサイトでは様々なメディアから経済レポートの更新情報を集めて掲載してます。

アナリストレポートというわけではありませんが、最近注目されているトピックが分かるのでとても重宝してます。

無料で読めるアナリストレポートまとめ

かなりたくさんのアナリストレポート配信サイトを紹介したので、このすべてをチェックするのは難しいと思います。なので、目的別に特にオススメのサイトもまとめておきます。

これらのサイトだけでもブックマーク登録しておくと、情報収集や企業分析の効率がかなり高くなると思います。

目的別のオススメサイト

 

ここまで紹介してきたサイトのリンクも最後にまとめておきます。

投資判断も設定されたアナリストレポート

モーニングスター
ARIアナリストレポート
岡三にいがた証券

以上が無料で読めるアナリストレポートの一覧でした!

参考になったという方がいましたら、以下のツイートを拡散してもらえたら嬉しいです。

また、無料で読めるアナリストレポートはどうしても中小型株が中心になってしまうので、大型株のアナリストレポートが読みたいという人は以下の記事も参考にしてみて下さい。