自動車業界のイノベーションを「Google vs トヨタ 自動運転車は始まりにすぎない」から読み解く


Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない

【本の概要】

Googleが自動運転車の開発に力を入れています。まだ遠い未来になるとは思いますが、完全な自動運転車が社会に投入されると、社会のシステムが根本から変わってくる可能性があります。
「自動車業界のイノベーションを「Google vs トヨタ 自動運転車は始まりにすぎない」から読み解く」の続きを読む…

企業の決算を増減要因で評価する方法

利益の増減要因の分析とは?

決算発表後に株価が上がるか下がるかは、決算の良し悪しにかかっています。そして良い決算の条件とは、「利益が期待値(コンセンサス)を上回ること」です。利益がコンセンサスを下回る悪い決算の場合、株価は発表後に下がることが多いです。

良い決算か悪い決算かは利益をコンセンサスと比較することで判断できます。しかし、どのようにして良い決算になったのか、その背景は利益の数字を見ただけではわかりません。

そこでアナリストがよく使う分析手法が、「利益の増減要因分析」です。これは利益の前年同期からの変動を、要因別に分ける分析手法です。前期からの利益変動を要因別に分解することで、なぜそのような利益で着地したのかを知ることができます。
「企業の決算を増減要因で評価する方法」の続きを読む…

「米国式投資の技法」から学んだプロ投資家の考え方


MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法

【本の概要】

有名な投資ブログ「Market Hack」の管理人が書いた投資本です。「米国式投資」というタイトルですが、米国株を投資対象としているわけではなく、国内外全ての株式投資に役立つ投資法です。

長期投資の基本的な考え方、デイトレードの戦略について学ぶことができます。

書かれている内容は特別なものではなく、プロの投資家にとっては当たり前のように意識されているものが多いです。しかし、この「当たり前のこと」を知らなかったために、大損をしてしまった個人投資家も多いと思います。

株式投資の基本的な考え方、大損をしないためのポートフォリオ構築を基礎から学べます。

Amazonの内容紹介

徹底的にロジカルな投資手法に学べ!成功する投資を行うため投資家が守るべき「鉄の掟」、ポスト団塊ジュニア層が投資を始める際、心にとめておくべきこと(NISA攻略法)、デイトレーダーになりたい人はどうやって始めればよいか、長期投資のコツ(ウィリアム・オニールの投資法、ETFの活用法など)、2014年の投資機会、などについて説明。

「「米国式投資の技法」から学んだプロ投資家の考え方」の続きを読む…

長期投資の王道は『千年投資の公理』でまず学ぶべき


『千年投資の公理 売られ過ぎの優良企業を買う』パット・ドーシー著

【本の概要】

好調な業績を長期にわたって維持できるような「経済的な掘」を持つ企業を長期で保有することが本書のテーマです。企業に経済的な堀があり、かつ株式市場がその堀を過小評価している場合、そこに長期投資の機会が生まれます。

経済的な堀とは、「ライバル会社から企業を守り、長期的な収益を獲得することで、投資家にとっての企業価値を高める」ものです。

別の分かりやすい言葉で言い換えるならば、「企業が長期的に超過利潤を得るための競争優位性」となるでしょうか。「長期的な」というのが肝でして、一見すると競争優位性に見えるものでも、他社が簡単にまねできるものでは経済的な堀と言うことはできません。

具体的に本書では、①無形資産、②コスト競争力、③高い乗り換えコスト、④ネットワーク効果、の4つの堀について詳しく解説しています。

本のタイトルはやや怪しいですが、バフェット流長期投資の王道と言える本になります。
「長期投資の王道は『千年投資の公理』でまず学ぶべき」の続きを読む…

ビルゲイツも絶賛する経済の基本原則

今日は「経済の基本原則」についてとても分かりやすくまとめられた動画を紹介します。

世界最大級のヘッジファンド「ブリッジウォーター」の創業者であるレイ・ダリオ氏が経済の基本原則について分かりやすく解説した動画です。レイ・ダリオ氏は、リーマンショックをあらかじめ予見することで、損失を免れた投資家として有名な方です。

経済の仕組みは複雑に見えますが、実はとてもシンプルに理解することができます。たった30分の動画ですが、この動画を見る前と後では世界を見る目が変わります。
「ビルゲイツも絶賛する経済の基本原則」の続きを読む…